« センターが終わって。 | トップページ | 最初の合格発表の日 »

2015/02/01

塾との相性

今日から2月! いよいよ私立受験本番です。
そして1月一杯で塾の授業も終わりました。

塾長が怖くて質問に行けないとか、当てられて答えられないとこれだから三流の人間は! と言われたとか、自宅で号泣した日も何回かあった。生徒はお客様…のところが多い中、こんな塾いまどき珍しい。出来ない子を志望校に入れるためにはここまで厳しくしないと伸びないのかもしれないけど。

最後の面談では「君はもう少し伸びて上のクラスの上位になると思ったけど、サボり癖と逃げ癖があったから、そこまで伸びなかったな」と言われたらしい。(⌒-⌒; ) 怖いからと質問に行かないで、他の先生に聞いてたのもお見通しだったのかも。

それでも最後の授業を受けて帰ってくると、「なんかすごくいい授業だった。感動しちゃった。やっぱり凄い先生なのかも」と。英語の成績が上がったのは、確実に塾長のおかげだと思うし、この塾を選んだ私の嗅覚って大したものだと思ったり(⌒-⌒; )。

最後の授業はイギリスの作家、オルダスハクスリーの長文読解だったらしい。知的好奇心を広げて下さったことに感謝しています。



|

« センターが終わって。 | トップページ | 最初の合格発表の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« センターが終わって。 | トップページ | 最初の合格発表の日 »